2017年3月26日日曜日

Appleの動画アプリ「Clips」はSNSで存在感を示せるか

 Apple、やはり2017年の春はイベントなしで少しだけ新製品を発表しましたね。その中で異彩を放つのは、動画編集アプリ「Clips」です。私はてっきり、SnapchatやInstagramのようなソーシャルアプリを出しちゃったのかと思いました。そういうウワサもちらほらとあったので。

 でも、Clipsはそうではありません。SNSなどでの共有を前提としてはいますが、iOS端末で手軽に動画を撮影・編集(そして他のサービスに投稿)するためのアプリです。

 Clipsで作った動画はカメラロールに保存することも、iMessageに投稿することもできますが、AppleはInstagram、Facebook、YouTube、Vimeoへの投稿を勧めています。

 つまり、iOS端末ユーザーは、SNSへの投稿にSNSに付属する動画編集機能を使わずに、Clipsを使うことで(非iOSユーザーの)友達に差をつけよう、ということです。

 実際、紹介動画を見る限り(使えるようになるのは4月以降)、簡単にいろんなことができそうです。特に音声で映像にキャプションを付けられる「Live Titles」は、他にはない便利そうな機能です。

 下手に(Appleがあまり得意ではなさそうな)ソーシャルサービスに参入するよりも、これは賢いんじゃないでしょうか。新たなSNSなんぞを始めてしまったら、当然Android版アプリも出さないとユーザーは増えないし、既に混雑している市場に割り込むにはよほどの特徴がないと難しいからです。

アニメ「Fate/Apocrypha」は7月から ジーク役に花江夏樹、総勢17人のキャストが発表

 テレビアニメ化が発表されていた「Fate/Apocrypha」の放送時期が7月に決定。TOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビ、MBS、Netflixで放送・配信されます。合わせて総勢17人のキャストも発表されました。

●テレビアニメ「Fate/Apocrypha」メインキャスト

ジーク:花江夏樹

ルーラー:坂本真綾

シロウ・コトミネ:内山昂輝

赤のセイバー:沢城みゆき

赤のアーチャー:早見沙織

赤のランサー:遊佐浩二

赤のライダー:古川慎

赤のキャスター:稲田徹

赤のバーサーカー:鶴岡聡

赤のアサシン:真堂圭

黒のセイバー:諏訪部順一

黒のアーチャー:武内駿

黒のランサー:置鮎龍太郎

黒のライダー:大久保瑠美

黒のキャスター:宮本充

黒のバーサーカー:野中藍

黒のアサシン:丹下桜

 東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan2017」で明かされたもの。会場にあるアニプレックスブースでは、浅井義之監督とキャラクターデザインの山田有慶さんによるイラスト入りメッセージや、ジーク役・花江夏樹さんによる色紙も展示されています。

 「Fate」史上最大規模となる赤の陣営・七騎と黒の陣営・七騎による壮絶な戦いが描かれる同作。今回の発表に合わせて第2弾となる最新PVも公開されています。

(C) 東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC

「ゼルダ」愛を極めすぎたファン オカリナで家中の家電を制御することに成功

 ゼルダ愛を極めすぎたファンが、勢い余ってオカリナによる家電操作に成功しました。

 ユーチューバーのAllen Panさんが、家中の家電をオカリナの音色で操作できる謎技術動画を投稿。「ゼルダの伝説 時のオカリナ」(一部「ムジュラの仮面」)でおなじみの曲に合わせて演奏するだけで部屋の照明から加湿器のスイッチまで自由自在です。

 動画はまず、オカリナを持ったAllenさんが自宅に帰ってくるところからスタート。窓際から室内に向けて「ゼルダの子守唄」を演奏すると、玄関の鍵がガチャっと開きます。

 そのまま「太陽の歌」で照明をつけたり、「炎のボレロ」で暖房をつけたりと、曲名にちなんだ操作でたのしくライフハックしていくAllenさん。中には「時の歌」で時計の時刻読み上げ機能を操作するなど、便利なのか不便なのか分からない機能も盛りだくさんです。

 外出時には「エポナの歌」を演奏。ゲーム中ではリンクの愛馬・エポナを呼ぶための曲ですが、Allenさんがこの曲を演奏すると窓際に設置された装置が作動。車のキーが自動的に押され、屋外に駐車してあった愛車が簡単に解錠できました。さらに「いやしの歌」で機器のスイッチを全てオフ。節電対策もばっちりのようです。

2017年3月25日土曜日

本当にカンヌ出しちゃった! 「映画 山田孝之3D」が6月16日公開、芦田愛菜も友情出演

 俳優・山田孝之さんを摩訶不思議な言葉と映像で堪能する映画作品「映画 山田孝之3D」が6月16日に公開されます。同作は、山田さんが主演したドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」の中で生まれた作品でしたが、まさか本当にカンヌに出しちゃうとは……!

 サイケデリックなポスタービジュアルと予告編が公開されましたが、未だその全容は謎に包まれている同作。きっかけとなったドラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」は、カンヌ映画祭受賞を目標とする山田さんと山下敦弘監督の映画制作に密着した作品で、作中で撮影されていた映画の主演に女優・芦田愛菜さんを起用するなどぶっ飛んだ内容で注目を集めました。

 3月24日放送の最終回では、映画の制作中止を経ながら謎多き意欲作「映画 山田孝之3D」が新たに完成し、カンヌ映画祭に応募するところでストーリーは完結。しかしその後、現実世界でも正式に映画祭へ応募していたことが明らかとなり、最後の最後で本物のドキュメンタリーに変貌を遂げました。

 山田さんは同作について「僕と山下さんは手を取り合い、衝突を重ね、決別し、再び手を取り合い一つの映画を完成させました。僕の今までの人生とこれからの全てが詰め込まれています」と何やらかっこよすぎるコメントを残したほか、友情出演の芦田さんに対して、「僕は芦田さんと出会ったことでたくさん失い、たくさん発見することができました。いつか芦田さんのような大人になるため、山田孝之は現実をぶち壊し続けて生きていきます」と真面目なトーンでふざけ続ける山田節も披露しました。

『いちご100%』続編の噂に歓喜 「実写化の布石」の声も

3月22日、人気漫画『いちご100%』の続編が、ジャンプ増刊『ジャンプGIGA』で掲載されるという噂がTwitterに飛び交い、瞬く間に一時トレンド入りを果たした。ネットではアラサー世代を中心に歓喜の声が相次ぐ事態となっている。

『週刊少年ジャンプ』で2002~2005年に連載されていた河下水希による同作は、ドラマCDやゲーム、アニメと多様な媒体で展開されたジャンプを代表する人気ラブコメディ。当時の青少年を熱狂させた作品の一つとして知られる名作だ。

物語は主人公の真中淳平が中学3年生の時に"いちごパンツの美少女"(東城綾)を目撃するところから始まる。その美少女を学校のアイドル・西野つかさと勘違いして告白するも交際がスタート。だが、真中が東城に惹かれていくことを知った西野は別れを告げ、真中と違う高校に進学する。高校入学後のヒロインには、東城、西野に加えて北大路さつき、南戸唯も登場。真中を中心に"東西南北"のちょっぴりエッチで甘酸っぱい恋模様が展開される。

そんな『いちご100%』の続編に関する情報が出回ったことでTwitterでは、

「いちご100%続編とか全国のアラサー男子大歓喜かよ」
「いちご100%にお世話になったのってアラサーだよね…?」
「いちご100%続編!? 俺の青春!ふたたび?」

と喜びを露わにする声が相次いでいる。さらに、

「何があってもなんと言われようとも断然西野派で」
「綺麗な終わり方だったからなぁどうだろなぁ…私は一生、東城派だよ!」
「俺は唯派だから南派だからそこだけは譲れないから」
「童貞なのでいちご100%は北大路さつき派でした。

2017年3月24日金曜日

WordPress用プラグイン「YOP Poll」にブラウザ上で任意スクリプト実行の脆弱性(JVN)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月23日、YOPが提供するWordPress用プラグイン「YOP Poll」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3による最大Base Scoreは5.4。株式会社エスアイイーの上嶋翔氏、本田崇氏、小川剛氏、梅原未那穂氏が報告を行った。

「YOP Poll 5.8.1 より前のバージョン」には、格納型のXSSの脆弱性(CVE-2017-2127)が存在する。この脆弱性が悪用されると、当該製品を使用しているサイトにアクセスしたユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

元の記事を読む

【追記あり】NTTレゾナント・gooの格安スマホ「g07」のアップデートにアドウェア混入か


NTTレゾナントが手がける「goo」ブランドで販売されている格安スマホに、アドウェアが混入した可能性があります。詳細は以下から。

事の発端はgooブランドの格安スマホ「g07」のファームウェアアップデート。開発元のcoviaが3月21日に公開しました。

するとアップデートをインストールしたユーザーから「広告が強制的に表示されるようになった」という苦情が。複数のユーザーで発生しているため、どうやら公開されたファームウェアにアドウェアが混入されていたとみて間違いないようです。


今回の件を受け、有志からこのような応急処置に関する情報が寄せられています。

「混入したのはアドウェアだけなのか」「個人情報に影響は無いのか」など、どうしても不安になってしまう今回の混入問題。
2017年3月24日12時30分現在、gooの格安スマホ販売ショップ「gooSimseller」、coviaの公式ツイッター共に注意喚起は行われていませんが、開発元・販売元のいずれも実機での動作チェックを行わなかったのでしょうか。
・12:50追記
Buzzap!編集部でNTTレゾナントに「御社が販売しているg07のアップデートファイルにアドウェアが混入された可能性がインターネット上で指摘されていますが、把握されていますか」と問い合わせたところ、折り返し連絡するという回答でした。
・13:46追記
NTTレゾナントに進捗状況を問い合わせたところ「アドウェア混入の可能性があるのかどうかという部分も含めて、現在社内確認中」とのことでした。